はなぶさ歯科

はなぶさ歯科が大切にしていること

  • ①お口の健康の大切さに気付いていただくこと
  • ②より良いセルフケアを身に付けていただくこと
  • ③適切な診査、診断に基づく診療
  • ④患者さんひとりひとりに合った診療
  • ⑤十分な知識と技術に支えられた診療

はなぶさ歯科について

はなぶさ歯科は、「お口の健康にたずさわる」を掲げて地域の方々に良質の歯科医療を提供することを目標としています。 お口のことでお困りのことがございましたら、是非ご相談ください。

はなぶさ歯科 院長 金 志英

院長経歴はこちら

R2年3月のニュース

今月は、口内炎についてお伝えします。

口内炎は1週間~2週間ほどで治ってしまうことがほとんどです。しかし、繰り返しなったり、いくつもできて数週間治らないような場合は、他の病気が関係している可能性も考えましょう。軽く考えて放置せず、早めに歯科医院で診断を受けて適切な治療やケアをすることが大切です。

★口内炎の原因は?

・食事中などに頬や舌をかんだり傷つけてしまう

・不規則な生活や睡眠不足、ストレスや過労などによる抵抗力低下

・お口の中の小さな傷に細菌などが感染する

★代表的な口内炎は?

■アフタ性口内炎

もっとも多くの人に見られるタイプです。

患部は数ミリの円形や楕円形で、表面は白い膜でおおわれて、浅くえぐれていて、その周りが赤くなるのが特徴です。頬の内側や舌、唇の裏や歯ぐきにできやすく、痛みがあり食べ物がしみたりします。通常1~2週間程度で自然に治りますが、繰り返しできるものは「再発性アフタ性口内炎」と呼ばれます。

■カタル性口内炎

口の中の粘膜が部分的に赤くなるもの、赤い部分が点状に散在するものなどがあります。

刺激の強い食べ物がしみたり、ヒリヒリとした痛みを感じやすくなります。カタル性口内炎は、組織の破壊が認められない粘膜表層の炎症です。

■口内炎の治療

通常1週間から2週間程度で自然に治るのが、一般的です。症状を和らげるには、副腎皮質ホルモン入りの軟膏などが有効です。

★口内炎予防のポイント

1)口腔内を清潔にしましょう

食事の後には、うがいや歯みがきをしましょう。口内炎予防の第一歩は、口内環境を清潔に保つことです。

2)栄養バランスの良い食事をとりましょう

バランスの良い食事をとることで、身体を健康に保てることができれば、口内炎ができにくくなります。

3)規則正しい生活を心がけましょう

 

夜更かしや不規則な生活をしないようにしましょう。口内炎の発症は、体調とも大きく関係しています。口内炎の予防には規則正しい生活が一番です。