はなぶさ歯科

はなぶさ歯科が大切にしていること

  • ①お口の健康の大切さに気付いていただくこと
  • ②より良いセルフケアを身に付けていただくこと
  • ③適切な診査、診断に基づく診療
  • ④患者さんひとりひとりに合った診療
  • ⑤十分な知識と技術に支えられた診療

はなぶさ歯科について

はなぶさ歯科は、「お口の健康にたずさわる」を掲げて地域の方々に良質の歯科医療を提供することを目標としています。 お口のことでお困りのことがございましたら、是非ご相談ください。

はなぶさ歯科 院長 金 志英

院長経歴はこちら

R2年7月のニュース

★歯周ポケットとは?

歯周ポケットとは、歯と歯茎の間の溝のことです。皆さんもテレビC Mなどで一度は耳にしたことのある言葉ではないでしょうか?健康な人でも歯周ポケットはありますが、歯と歯茎がぴったりくっついて浅いです。しかし、歯周病になると歯周ポケットが次第に深くなっていくのです。

★歯周ポケットの深さ

歯周ポケットの深さは自分ではなかなか分かりません。歯科医師や歯科衛生士が「探針」「プローブ」といわれる、目盛りのついた細い針状の器具を歯と歯茎の間に入れて、ポケットの深さを測ります。

歯周ポケットが深くなると、内部まで歯ブラシが届かないのでどんどん汚れが溜まります。歯周病菌は空気を嫌うので、ポケットの中で歯根の方に深く進んで繁殖します。歯周ポケットを放置していると、歯周病菌が歯周ポケットの中に歯石を作り、毒素を出して歯を支える繊維や骨を破壊し、最終的には歯が抜けてしまうことになります。

健康な歯肉

3mm

健康な場合でも溝はあります。

歯肉炎(軽度歯周病)

34

歯を支える歯槽骨が溶け始めた状態です。

歯磨き時に出血したり、歯がうずいたり、歯茎が腫れぼったく感じるのが特徴。

初期の場合では無症状なこともあります。

歯周炎(中等度歯周病)

57

歯を支えている歯槽骨が1/32/3溶けてしまった状態です。

水が滲みたり、歯磨きをすると歯茎から出血したりします。

歯茎が腫れたり治ったりを繰り返します。

歯がぐらつき始め、膿が出たり口臭がしたりします。

歯周炎(重度歯周病)

7㎜~

歯を支えている歯槽骨が2/3以上溶けてしまった状態です。

歯がグラつき、慢性的な腫れや膿が溜まって、歯磨きの際は毎回出血するようになります。最悪、歯が抜けてしまうこともあります。

★歯周ポケットの予防と治療法

 歯周病はブラッシングが重要です。また、定期的に歯科衛生士にお口の中の状態をチェックしてもらいましょう。歯茎の腫れや出血がある方、歯がぐらつく方は、早めに歯科医院を受診しましょう。